節約ママの、賢い知恵ノート
工夫で暮らしを楽しく豊かに!ゆるふわ節約術&知って嬉しいライフハック
レシピ

[レシピ] お手軽映えスイーツ!いちごサンドイッチの簡単な作り方

みなさま、いつもお疲れ様です。先日、有名フルーツパーラーさんにあるみたいなフレッシュ苺をふんだんに使った苺サンドを作ってなかなか美味しかったので、今日はこちらの作り方をご紹介させてください!

日々、忙しく仕事をしていたり、育児に奮闘していたり、みんな頑張ってるよなぁとSNSを見て感じる今日この頃。あなたの疲れた時のリフレッシュって何ですか?

MiDo
MiDo
私の場合はお洒落な物を食べることです

本当はカフェとか行くのが大好きなのですが、育児中だったり、節約中だったりでなかなか頻繁にはいけず…!だからこそおうちで楽しめるレシピを色々と考えてみたい!
今回はクリームにもフレッシュ苺をたっぷりと使ったいちごサンドにしてみました。砂糖は控えめで苺本来の甘酸っぱさが広がるサンドイッチです!気分もあがる苺サンド、実は結構簡単に作れることがわかったので、良かったら試しに作ってみてくださいね。

簡単苺サンドの作り方

さっそく、いちごサンドの作り方を書いていきますね

材料は苺・生クリーム・砂糖・食パンの4つのみ!

材料(4人前)

  •  … 最低1パック・できれば2パック(理想は小粒の安いの+大粒の…ですが小粒2つとか小粒のみでも!お財布と相談で)
  • 生クリームorフレッシュ … 1パック(濃厚にしたければ生クリームだけどフレッシュで十分!)
  • 砂糖 …A大匙1 B大匙2(A/Bで2回にわけて使います)
  • 食パン …8枚
  • 食材を撹拌できるフードプロフェッサー・ミキサー・ハンディーチョッパー等(今回はティファールハンディーチョッパー バラエティキットを使用しました)

シンプルさを意識して作っているので特別な物は不要です。クリームにフレッシュ苺を混ぜ込むレシピになっているのでハンディチョッパーなど、簡単に食材を砕けるものや泡立てられるものがあると便利です。(もちろん、泡立て器やすりこぎでも作れます。が、あると断然手軽です!)なお、今回使ったお手頃価格で使い道の広いオススメのハンディチョッパーを最後に掲載してみました。もしそんな便利アイテム持って無い!という方は良かったら参考にしてみてくださいね。

作り方

  1. 苺を洗う。パンの耳は落しておく。(パンの耳は冷凍しておくと色々と活用できますよ)生クリームはギリギリまで冷やしておく(その方が泡立ちやすいです!)
  1. 苺(2パック有る場合は小粒の方・1パックで作る場合は挟む用を分けておき、それ以外全て)と砂糖Aを入れハンディチョッパー等で撹拌する。
    [ティファールハンディチョッパーの場合:チョッパーブレードでしっかり潰し、出来上がった苺を別の容器に移して軽くチョッパーを洗う]
  2. 生クリームと砂糖Bをあわせてシッカリと角がたつまで泡立てる。(フレッシュ苺の水分が出るので固めに泡立てた方が良いです!)
    [ティファールハンディチョッパーの場合:エアーブレンディングブレードに変えて泡立てます]
  3. 2の苺と3の生クリームをあわせる。生クリームを潰さないように切るように混ぜてくださいね。
  4. 食パン1枚に軽く生クリームを乗せる。(端は薄く、真ん中に厚みが出るようにすると綺麗に仕上がります。)
  5. 生クリームの上に苺を×を描くように乗せていく。(切れ目が断面にくるようにしています)
  6. 苺の隙間を埋めるように生クリームを乗せ、更に食パンを重ねる。
  7. 隙間ができないように(重要!)ラップをして、包丁で対角線を切る(1/2か1/4)
  8. ラップをはずして、お皿に乗せたら完成です!

最後のラップはギュッとしっかりタイトにした状態で切るのがポイント。
対角線を意識して苺を並べると断面が綺麗に仕上がります。

余ったクリームの活用方法

クリームがあまらないようにたーっぷり入れて贅沢なサンドイッチを楽しむのも私としてはオススメなのですが、クリームが多すぎると上手に切るのが難しくなってしまうので、適度な量で楽しんでください!
もし余ってしまったとしても色々と活用できるので安心してくださいね

~活用例~

  • コーヒーや紅茶に入れてウィンナーコーヒー風にして楽しむ
  • スコーンに添えてディップしながら楽しむ
  • ベーグルに挟んで楽しむ
  • ヨーグルトやプリンに乗せて華やかな甘みを楽しむ
  • ゼラチンと混ぜて固めてムースにする

手軽なものを書き出してみました!
他にもアイデア次第で色々と楽しんでいただけると思います!

今回私が使ったハンディーチョッパーはこちら

ティファール ハンディチョッパー バラエティキット


今回、私はティファールの『ハンディチョッパー バラエティキット』を使ってこのサンドイッチをつくりました。こちらは手で輪を引く力だけで、「きざむ」「氷を砕く」「泡立てる」という動作が全てできる優れものです(歯が3種類ついていてそれぞれで使い分けます)。安全なので小さな子供のお手伝いにもピッタリ

(お手伝いする娘)
MiDo
MiDo
我が家の娘は2歳8カ月ですが”きざむ”も”泡立てる”も安心して任せられます

きざむについては、引く回数を変えるだけで、「粗切り」「粗みじん」「みじん切り」と、切れる大きさが小さくなっていき、簡単に思い通りのサイズにカットできますよ!離乳食作りをしているお母さんにもオススメです。

MiDo
MiDo
子供が大きくなってもずっと使えるので離乳食専用アイテムより私はオススメします!

気が要らないので、アウトドア利用もできます!グランピングやお洒落ピクニックにも良さそうです。お子さんが居る方はピクニックでかき氷を作るなんてことができちゃいますよ!

洗いやすく使いやすさ抜群のハンディチョッパー、良かったらチェックしてみてくださいね。