節約ママの、賢い知恵ノート
工夫で暮らしを楽しく豊かに!ゆるふわ節約術&知って嬉しいライフハック
レシピ

[レシピ]春野菜と豚小間チーズのオーブン焼き。簡単×おしゃれ料理

今回は、春野菜をシンプルに調理し、素材の旨みをしっかりと味わえるレシピをご紹介したいと思います。皮ごと春野菜をオーブンで焼くので無駄なく栄養を摂取できますよ。
お野菜が塩での味付けでシンプルな分、お肉はチーズを混ぜ込んでこってり感をプラスしました。腹もちよく、1皿でおかずとしては十分なボリュームがあります。お肉・野菜の量を食べる人の好みに合わせて調整できますよ。
スキレットを使ったり、オーブンに対応したオシャレな器に入れて焼けばそのまま食卓に出せるのでパーティーや宅飲み等、人が集まる場面での一品としてもオススメです。

旬野菜と豚小間チーズのオーブン焼き

材料(2人前)

  • 豚小間肉…250g
  • ピザ用チーズ…40cc
  • 小葱・大葉・パセリ等(あれば)…お好みで
  • みりん…小匙2
  • 小麦粉…大匙2
  • ハウス 香りソルト レモンペパーミックス※…A 小匙1・B 少々
  • 新人参…1/2本
  • 新じゃがいも…1個
  • 新玉ねぎ…1/2個
  • ブロッコリー…小1/4個
  • オリーブオイル…適量
レモンペパーミックスのAは肉の下味用・Bは野菜の風味づけ用です。※今回はハウス 香りソルト レモンペパーミックスを使用しました。
色々なお料理に爽やかさがプラスできる便利アイテムです。記事最後で紹介しているので良かったら見てみてください。
普通の塩・胡椒でも作れますがその場合はハーブ類のスパイス(バジルやタイムがオススメ)やレモン果汁を若干足した方が美味しいかと思います。

作り方

  1. オーブンを余熱・野菜を切る・必要に応じ野菜を下茹でする
    オーブンを190度に余熱します。野菜を食べやすい大きさ(直径2、3センチ位?あまり大きいと火が入りきらないので注意)に切る。基本的にはオーブンで火が通りますが、使う野菜によっては下茹でをします。今回はブロッコリーのみ軽く茹でた物を使用しました(下茹で無しでも大丈夫だと思います)。
  2. 肉ダネを作る
    豚小間肉・チーズ・大葉や小ネギなど(お好みで:私は今回は小葱と間引いた大葉を入れています)とみりん・小麦粉・香りソルトAを入れてむらなく馴染むように混ぜます。
  3. 肉を丸めて焼き皿に並べる
    肉を6等分し、小判形に丸めて焼き皿に乗せる。小麦粉少々(分量外)を表面に軽くふるう。
  4. 野菜を焼き皿に入れ、表面に塩をふるい、オリーブオイルを塗る。
    隙間を埋めるように野菜類をバランスを見ながら詰めていく。野菜の表面に香りソルトを振り、オリーブオイルを塗る(かけるだけでもOK)
  5. オーブンで15分焼く
    オーブンに入れ、190度で15分焼く。竹串を刺し、肉汁が透明になっていたら完成です。焼き時間はオーブンの種類や野菜や肉の大きさにもよるので、適宜調整してください。

魅力ポイント

旬野菜を皮ごとしっかり食べられる

春は新じゃがいも・新玉ねぎ・新人参…と素材そのものが美味しいお野菜が多いですよね。
新●●という名前のお野菜は一般に収穫後すぐに流通され、水分量が多くてみずみずしく・柔らかいという特徴を持っています。また、基本的には他の旬の食材同様栄養価も高いです。これらが市場に出回っている時期は積極的に食べていきたいものですよね。
特に根菜類は皮や皮に近い表面分に栄養成分が多く含まれるのですが、新人参や新じゃがいもは皮も柔らかく口当たりが良いので、剥かずにでも美味しくいただくことができ、より効率的に栄養を摂取できます

お肉にチーズをプラス。腹もちシッカリ。小間肉で節約!

豚小間にピザチーズを加えて丸めて焼いています。チーズが入っている分腹もちが良く、この一皿だけでお腹いっぱいになれます。また、出来たてはチーズが伸びるので見た目にも食感にも楽しいです。お肉は豚小間肉を使っているので、ブロック肉等よりは予算を抑えて作ることができますよ。また、小間肉だと噛み切りやすいというメリットも。味付けも基本的には塩とみりんのみの薄い味付けなので、子供にも安心して食べさせられると思います。(お子様に与える時は適宜チーズの量は調整してくださいね)

手が込んで見えるけどオーブンに入れたら後は待つだけ

オーブン焼き、と聞くだけで気おくれする方も居るかもしれませんが、オーブンに入れたら後は放置と捉えることもできますよ。複数品作る時などは、最初にこちらを用意してオーブンに入れてしまえばその焼き時間に他のお料理が作れます。コンソメスープやポタージュスープなどは15分あれば十分用意可能。バタバタとしている来客時や子育て中の方にこそ、作っていただきたいと思います。
また、オーブンがどうしてもハードルが高いという方はグリルやトースターでも作れますよ。焼き時間は適宜調整してみてくださいね。

盛り付けによっておつまみにもパーティーにも

今回はスキレットに盛り付けて仕上げましたが、オーブン対応の大皿で作るのもオススメです。人数が居る時も各自好きな分だけ食べやすいですし、見栄えもします。焼いている間に前菜などの用意もできますね。
ワインにもビールにも合うのでお酒のおつまみとしても良いです。ココットサイズをトースターで作るなら手軽さもあがりますので、一人晩酌のアテにもなりそうです。シンプルな料理である分、アレンジの幅も広いですよ。ご自身流を考えていただけたらと思います。

便利で風味もプラス”香りソルト”


今回のレシピではハウス 香りソルト レモンペパーミックスを使用しました。こちらはブラックペパー・ガーリック・パセリ・カルダモンといったスパイスがブレンドされたシーズニングソルトです。簡単に旨み豊かで本格的な味わいのオーブン焼きが作れます。お肉ともお魚とも相性が良く、スパイスも入っているので臭み消しの効果も高いです。私自身は爽やかな味わいになるので春野菜と使うのが特に好きです。味付けに困ったとき、コレをかけると味が決まりますし、本当に幅広い料理に活躍します。時短にもなるので、持っていて損は無いアイテムです。



同シリーズの商品でオレガノ・バジル・セージ・パセリが入ったハウス 香りソルト イタリアンハーブミックスも便利ですよ。我が家ではフライドポテトに、ムニエルに…と大活躍です。こちらも是非あわせてチェックしてみてくださいね。



いかがでしたでしょうか。少しでも参考になっていたら嬉しいです。